Kamen Rider W 02 Transcript

From TV-Nihon
Jump to navigation Jump to search

Kamen Rider W 02

〈『仮面ライダーW』 今回の依頼は…〉
(津村真里奈)姿を消してしまってから…→
もう 1週間も経つの。
(戸川陽介)お前も ここの社員か。
ならば 燃えろ!
(左 翔太郎)止めてやるよ俺が…。 俺たちが!
(フィリップ)僕たちは二人で一人の探偵だもの。
(2人)変身!(電子音声)「サイクロンジョーカー」
ああ…。
うわー!
(鳴海亜樹子)ハッ! ん?
ヒッ! 何あれ!?
半分こ…。
どこ 行きやがった!?
うわっ!
あ…!?
おい 待て!
さらわれちまった!
♬~
≫あたし聞いてない!
あんたたち いったい 何がどうなっちゃってるの?
あの車とか半分こ怪人は何?
半分こ怪人はねえだろ!
あれは ダブルだ。
じゃあ そのダブルについて→
事務所の大家様に説明 プリーズ!
(ラジオ)「男性は 風都在住の戸川陽介さん 21歳」
ちょい待ち…。(ラジオ)「港にいた釣り人が→
水に浮かぶ戸川さんを発見し110番通報しました」
別のガイアメモリを持った共犯者が口封じか…。
翔ちゃん…。
翔ちゃん…。
ああ…。
(真里奈)陽介が…。
(真里奈)陽介が…!
すまねえ…お前を泣かしちまうなんて…。
翔ちゃんは 変わらないのね子供の頃から…。
すげえ!すごいね 翔ちゃん!
ああ。あっ!
ああ…。
捜してきてやる。
この街は 俺の庭だ。
そこで 誰一人泣いてて欲しかねえんだ。
そんなこと あったなあ…。
俺は…また取り戻せなかったのか…。
(ウォッチャマン)オー グッド!オー ビューティフォー!
アンビリーバボー!よお 情報屋。
頼みがある。
(ウォッチャマン)あのねハードボイルド探偵気取るのはいいけど→
翔ちゃん 今日び いないよそんなドラマみたいな情報屋。
常識 疑われちゃうよ。うるせえな!
ここが一週間前の事件現場か…。
(ドアが閉まる音)
おい!
おーい!(うなり声)
(咆哮)
これ以上嗅ぎ回んなってことかい!
(電子音声)「バット」
もう一丁。
(電子音声)「スタッグ」おまけだ。
♬~
♬~
どったの? 大丈夫?
どうってことはねえ。どうだった?
ガイアメモリの売人と戸川が会っていたところを見た奴がいた。
売人の特徴は?
(ウォッチャマンの声)黒いスーツに白いスカーフ→
そこに一点だけ 血が滲んだような模様がついている男。
そっか…。
客は 戸川だけか?
(ウォッチャマンの声)そうそうもう一人いたらしいよ。
暗がりで よく見えなかったようだが そいつは。
(須藤霧彦)じっくりご覧ください。
安い買い物ではない。
ああ…。
これで本当に私は 超人になれるんだろうね?
超人?
陳腐な言葉ですねえ。
どちらかというと 神に近い。
(園咲若菜の声)興味ありますわ霧彦さんって人。
史上最高の販売業績をあげたガイアメモリ・セールスマン。
(若菜)何よりお姉さまと付き合って→
生きてられた男性ってだけでとっても貴重。
(園咲冴子)ひとを妖怪みたいに言わないで 若菜。
(舌打ち)
でも 楽しみね。そうでしょ? お父様。
(園咲琉兵衛)もちろんだよ。だが 冴子→
彼は 園咲の家にふさわしい男かな?
フィリップ地球の本棚に入ってくれ。
ねえ ずっと気になってたんだけど本棚ってなんのこと?
こいつの頭の中には→
「地球のすべて」と言っていいぐらいの→
知識が詰まってるんだ。
ドーパントの情報もその中に潜んでる。
当たり前のこと知らなかったりするよね?
ティーレックス。
莫大な知識を抱えてはいるが→
フィリップは そのすべてを読み終わったわけではないのさ。
ふうーん。
検索を始めよう。
検索項目は戸川を殺した犯人の名前。
キーワードを。
1つ目は 「ウインドスケール」。
2つ目は 「羽根」。
次は?
何かつかんでるね 翔太郎。
最後は…。
「女」だ。
♬~
ビンゴだ。
ティーレックスのメモリに体質が合い→
そのキーワードに関連する人物は一人しかいない。
そんな…。
「MARINA」ってもしかして あの依頼主さん?
真里奈も かつて ウインドスケールのデザイナーだったんだ。
あの会社を恨んでいたのは戸川だけじゃなかった。
最初の2つのビル破壊事件は戸川と真里奈の共犯だった。
だが その後 戸川はマグマの力にのまれて暴走し始めた。
だから 真里奈は 奴を俺に捜させて…→
始末した…。
この先の展開を言い当てようか?翔太郎。
君は甘い考えを実行しようとして→
悪意に満ちた犯人に殺されかかる。
彼女はもう ティーレックスの力にのまれている。
君を 食い始めるかもしれないよ。
それでも 俺は 信じたい。
彼女は 始末するしかない。
やっぱお前とは意見が合わねえな。
おかしいなあ。
情に流されることなく行動する鉄の男→
それが 君の大好きなハードボイルドでしょ。
でも やっぱり 本当の君は煮え切らない半熟卵なんだね。
言うなれば…→
ハーフボイルド。
うっ!
ちょっと 何すんのよ!
お前の力は借りない。
♬~
(コンピューターの作動音)
(コンピューターの作動音)
キャッ!
あっ…。
あっ 翔ちゃん…。
見たぜ 真里奈…。
お前が ティーレックスの魔人…。
ビル破壊事件 及び戸川陽介殺しの犯人だ!
そう。 あの服は私がデザインしたものよ。
ウインドスケールには一人 最低な重役がいた。
(真里奈の声)仕事や功績をすべて奪って 私を追放した男が→
ずっと…ずっと そいつが憎かった…。
私は 大好きなこの街に似合う→
帽子や 服が作りたかっただけなのに!
翔ちゃん…。
翔ちゃん お願い! 見逃して!
私…。 私…。
いや…。
翔ちゃん…?
ハッ…。
(真里奈)翔ちゃん…。
昔 言ったろう。
俺は この街で 誰一人泣いてて欲しかねえんだ。
お前は…→
この街 そのものを泣かしてる。
フフフフ…。
アハハハハ…!
なーんだポーズだけじゃなかったんだ。
意外と 血も涙もない人!
裁きを受けて昔のお前に戻ってくれ!
メモリを捨てろ。 真里奈…。
(電子音声)「ティーレックス」
やめろ! うわっ!
(咆哮)
(咆哮)
(刃野幹男)なんじゃこりゃあ!
(悲鳴)
バカ! なんでついてきた!
だって 気になって!
ああっ!
素敵な翔ちゃん 愛してる。
だから…。
食ってあげるわ。
(咆哮)
ああー!!
フィリップ君。
なんだよ 今ごろ…。
散々考えたんだけど どうしても答えが見つからなかった。
僕は なぜ殴られたんだい?
半分 力貸せよ。
相棒。
♬~
(ティーレックス)なんだ お前ら!
僕たちは 二人で一人の探偵さ。
いくぜ フィリップ。
(電子音声)「サイクロン」「ジョーカー」
(2人)変身!
(電子音声)「サイクロンジョーカー」
キャッ! ううっ!
あ… 2人が半分こ怪人に!?
あ…。 あ?
(翔太郎・フィリップ)さあお前の罪を数えろ!
(咆哮)
僕の体 頼むよ。
え…? そんなの 私 聞いてない!
♬~
なんで あたしが…。
キャー キャー!ねえ ちょっと? ねえ!
おい 早く逃げろ!
(咆哮)
う… ああ…。
え? 何?
(咆哮)キャー!
うわっ うう…。
うわー! うう…。
うわー!
ああ…。 うう…。
僕の側 替えよう。
ああ。(電子音声)「ヒート」
お熱いの かましてやるか!
(電子音声)「ヒートジョーカー」
♬~
助けて! もう!
ハーッ!
やばい やばい もう…。
(エンジンがかかる音)
おーい 助けてー!
あ? おい なんで乗ってんだよ!
(車のクラクション)
ああ…。
「どいて どいてー!」(パトカーのサイレン)
「どいて どいてー!早く 危ない もう!」
「どいてー!」(パトカーのサイレン)
♬~
え…?
あっ! ああー!
こっちだよー!
飛び移れ!
できるかー!
ったく…。
手を伸ばせ! 早く!
えっ!? 何これ!
えっ? えっ?
(携帯電話のボタンを押す音)
♬~
よっしゃあ!
おらあ!
♬~
(電子音声)「メタル」
(電子音声)「ヒートメタル」
もう メモリブレイクしかない。
ああ わかってる!
(電子音声)「メタルマキシマムドライブ」
ハァー!
(翔太郎・フィリップ)「メタルブランディング」
(悲鳴)
真里奈…。君は 津村真里奈のほうを救え。
(電子音声)「サイクロンジョーカー」
(悲鳴)
(携帯電話のボタンを押す音)
(悲鳴)
あ… ハアハア…。
(タブー・ドーパント)お父様須藤霧彦さんです。
(クレイドール・ドーパント)あら 見た目は まあまあね。
(テラー・ドーパント)フフ…。
♬~
(テラー)園咲の家の者にのみ与えられる ガイアメモリだ。
これで 死ぬ場合もある。
言い残すことはあるかね?
自慢の婿の誕生です。
お義父さん。
うん。
〈真里奈は警察陽介は 二度と帰らない〉
〈それが この街 風都の現実だ〉
〈だが たとえそれが現実だとしても→
必ず変えてみせる。きっと この俺が…〉
そこは 「俺たち」とか複数形であるべきだよね?
フン… わかったよ。
お れ た ち が。
お待たせー!ああっ!
あっ 待った?
誰も 待ってねえよ!
喜びなさい 2人とも。
ジャーン! アハハハハ!
あー!!
って お前が所長!?
すごい…。超計算外…。
さあ これからも 私たち3人で→
あらゆる事件を ハーフボイルドに解決しちゃうわよー!
ハーフじゃねえよ!
≫ハードボイルドだ!ハードボイルド!
〈『仮面ライダーダブル』〉
(若菜)やはり間違いなく実在するようです。
幻のカジノ「ミリオンコロッセオ」が…。
(琉兵衛)彼らは すべてを捨ててもなお 勝負がしたいのだよ。
我が家… 家族…?どうした? フィリップ!
〈これで決まりだ!〉